スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実の父親に殺意を覚えた日

タイトルびっくりしますよね?!
私も自分で打ち込んでちょっと引いてます


ちょっとダークな内容ですが、これも私の一部なので、もしよろしければ読んでください。




実は、私の母が入院しまして。

3月くらいにひどい風邪をひいてから身体のあちこちに不調を訴えるようになりまして。
検査メインの入院なんですが。

2人兄弟とはいえ、年の離れた兄は関東在住で、かれこれ8年も帰省してない人ですので、私は1人娘みたいなもの。
1番不安なのは母本人だろうと思い、できる限りお見舞いに行くようにしています。

食事と内服薬で血糖値をコントロールしていますが糖尿病です。
いくら言っても辞めなかったセブンスターを、50年は吸い続けていたセブンスターを、1か月前に辞めたと聞いた時は「いよいよか…」と思ったりもしましたが、入院して数日のうちにみるみる体調も良くなり、一番心配していた胃がんの検査も陰性だったということで、顔色もいくぶん良くなったようです。

自分は徒歩5分の病院に顔も出さないくせに、口を開けば「早く退院して来い、検査入院なんだから外出して来て家事をしろ、今日はちなつは来ないのか」とまくしたててるらしい父に、腹立たしいと共に悲しい気分の私です。

思えば25年以上前、両親で親戚の家へ出かけお酒を飲んで帰ってきたある夜、ふと目が覚めると、居間から母を罵る声と母を叩く音が聞こえてきました。私は近くにあったアイロンの先端で父の頭を…と本気で思いました。実際はできませんでしたが…。
数年後、大人になった私はそのことを母に話したことがあるのですが、「若い頃に家出した時、連れ戻されて半殺しの目にあった、どこに逃げても連れ戻すと言われた」と…
あの時に思いとどまったことはもちろん正解だと思っていますが、25年経った今も母は少しも楽にはなっていないという事を改めて知り、居たたまれない気持ちです。

癌かと思い悩むほど痛く苦しかった胃は検査の結果問題がなく、父と離れて数日でご飯も喉を通るようになった母。
同じ女として全ては理解できないけれど、娘としてもう気苦労はかけまいと決心しました。





よろしかったら↓クリック↓で応援お願いします。
いつも励みにさせて頂いています( `ー´)ノ


にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
一人っ子のつもりは…

にほんブログ村 家族ブログへ
家族大好き家族


FC2 Blog Ranking



女の子は父親と似た人を結婚相手に選ぶと言いますよね。

私は多分当てはまらないと思います。
夫は少なくとも結婚して16年、暴力もないしパワーで押さえつけることもしません。

私は子供の頃から心身ともに押さえつける父が嫌いでした。
ちょっと心を許したら「調子に乗るな」と言わんばかりのセリフで突き放されました。
何かトラブルがあると「お前がしたんだろう、うそつくんじゃない、お前が悪いんだろう」と決めつけ、言い返すことは許されませんでした。
昔の人はみんなそうだったのかもしれませんけどね、いつも言いたいことも言えずに、子供をかばうことさえできないでいる母を見て育った私は、夫のお嫁さんにしてもらえて本当に幸せです。
多分ひまも幸せだと思います。


なんてつい愚痴ってしまいました。
ちょっと疲れたのかな~(;´∀`)


せっかくのひまのお祝いの後にこんな記事でごめんなさい(´Д⊂ヽ
ちょっとバタバタしてますのでコメ欄閉じさせていただきますね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ちなつ

Author:ちなつ
ちなつ(私):おうち大好き専業主婦。美味しい物とビールがあれば機嫌が良いです。

ひま父:ちなつ(私)の夫でひまの父ちゃん。

ひま:我が家の一人娘。(1999年生まれ)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
一人っ子さんの生態が…?
ポチッと応援してね♪
応援クリックお願いします
ご来訪ありがとうございます
モラう?タメす?
楽●天
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。